2016年2月15日月曜日

レッスンを受けるかどうか悩む・・・

先日のラウンドでコテンパンにされて練習をコツコツ再開。

なんとか当りも戻ってきたようで次のラウンドではスコアの改善が望めそうかな!

と、自己流練習を変わらずに楽しみながらゴルフを続けよう、と昨年末くらいに誓ったのですが
「やっぱりレッスン受けようなかな~」なんて思う理由がいくつか・・・

1、カラダの使い方がおかしいんじゃないか?

調子良い時はいいんですけどね、しばらく時間を置いて練習しに行くと必ず右肩とか腰が痛く
なっちゃうんですよ。

今はまだ若い(つもり)だから暫く放っておくと痛みも引くのでいいけど、もっと白髪が似合うナイスシニアになって同じようなスイングじゃマズイだろうし。今のうちにカラダに負担が少ないスイングを習っておきたいなぁ、と。

2、やはりメンバーになるからには・・・

先日面接を受けたコースからまだ返事はない。でもメンバーになるからにはクラチャンとは言わないが、80台は目指したい!コースマネージメントなんかも勉強したいし!

3、やっぱ人に見てもらわんとね

練習場でたま~に動画を撮って自分でチェックしたりしています。でも後ろからだけだし客観的に自分のスイングって分からないしな~・・・


と、受けたい理由は上記3つが主かな。

でも受けるのがコワイ理由もあるわけで。

1、言葉の壁

ゴルフのレッスン教材をyoutubeなんかでよく見るのですが、レッスンプロって言葉の使い方次第だなっていつも思うんですよね。

「右腰を押し出すように」
「肩は飛球線方向に」
「地面を足の指で掴むように」
「クラブを上から叩きつける」

どれも「まぁ」分かるんですけど、どうも雲を掴むような言葉で私にはピンと来ないんですよね。
感覚のスポーツだけにプロの方々も表現には苦労されているのでしょうね。

2、理論

ネットで見ているだけでも色々な理論を提唱されているプロの方々がいらっしゃいます。
どれも結果を出してきた素晴らしい理論なのでしょうけど、私はあまり固執したくないんですよね。
(固執することが安定につながるのでしょうけど)

「これはやっちゃダメ!」「あの理論は間違っている!」「これだけやればいい!」とか言われたら即引いてしまいそうです。

さまざまな理論に寛大な先生っているんですかね?


色々ネットで調べてみて自分にとって良さそうな所に一回入ってみるしなさそうですね。

来月あたりからやってみっか!




0 件のコメント:

コメントを投稿