2016年2月29日月曜日

ラウンド@埼玉ロイヤルゴルフクラブおごせコース



今年2回目のラウンドは義父主催のコンペ。

こちらの埼玉ロイヤルゴルフクラブおごせコースをレギュラーティーでラウンドしました。

山の中にあるコースですが、各コースは比較的フラット。グリーンがポテトチップス形状で
いつもパットに悩まされるコース(--;)


ラウンド自体は課題にしていた4Uが大当たり!ロングホールは大助かり!
し か も、 苦手としていた3番ロングホールでは

チップインイーグルを達成

残り100ヤードの3打目を52度で打てディポットに砂を入れてグリーンに向かったらボールがない・・・

あれ?オーバーしたか?と思ったらカップの中にありました。

グリーン周りからのチップインは何回かありますが、100ヤードからは初めてですよ。

ま、次のホールをダボにして貯金を即使ってしまいましたけどね!




赤色が目立ちますが残りはどんよりとした色ばかり・・・


グリーン周りのアプローチが寄らないので次回までに課題としましょう。


次は3月13日(日)の埼玉長瀞ゴルフ倶楽部!今年初の100切り目指しましょう。





2016年2月25日木曜日

日曜日のラウンド前に最終調整!


日曜日は埼玉ロイヤルゴルフ倶楽部で今年2度目のラウンド予定!

明日明後日は飲み会の予定なので本日が最終調整日。

日曜日の戦略は以下の通り

・ドライバーはゆっくり振って200Y飛べばヨシとする。
・パー5の2打目は4Uをスライスさせずに真っ直ぐ飛ばす。
・グリーンは何とか2パットで!


知ってる。そんな事できないって事。


なので今日はドライバーと4Uの方向性を確認してアプローチの練習に特化。


ドライバーは久しぶりにtitleist910D3を使って見るつもり。

普段使っているCallaway Xhot2ドライバーより重さがあって軽く振るにはちょうどいいね。


3月には同級生達とのコンペ(日高CC)もあるのでそれに向けて調整していくよ。


2016年2月23日火曜日

キタ-----(゚∀゚)-----!!!!




ついにキタ!!

一ヶ月くらい掛かると言われていたけどホント一ヶ月。

電話連絡でもあるのかと思ったら直接郵送されてきました。


あとはお金を振り込めが正式に会員という事になるそうで。


2週間以内に振り込まなきゃいけないそうなので早々にお金を
かき集めなきゃ・・・・・ 


何はともあれ会員ライフのスタートラインに立てることになりました。



初ラウンドはいつにしましょうかね?誰と行きましょうかね?


それともいきなり単身乗り込むか?

会員がいよいよ現実的なものとなってきたので妄想が膨らみます。




2016年2月18日木曜日

基礎練習してみようかな!

どうも。

しばらく練習を休むと全然当らなくなって力ないスライスになる事が多い。
その理由はなんだろう?と考えたときに体の軸ぶれかなと思うわけで。

スライスが出始めると腰が前に出てカットっぽくなってるんですね。

これが中々治らない。なのでちょっと頑張ってやってみようと思っているのが

「芹澤信雄のスイング基礎講座」 ※リンク先は商品でもなんでもないです



軸を固めるためにこれをやってみようかと。


昨日練習に行った際にハーフスイングの練習をしていたのですが、その際にこれを思い出しました。


フルスイングの練習していると軸の事が私の脳内から消え去ってしますんですよね(^^;)

ハーフスイングだと軸を意識しないとなかなか正確に当らないので私にとっては非常に良い練習方法です。

練習場で半分くらいのボールはこれの練習に割いた方が結果的に効率の良い練習ができそうです。


今月末のラウンドに向けてしばらくこれやってみます!

2016年2月16日火曜日

ドライバーの練習をしてみる

久しぶりに練習日記でも

お相手は苦手なドライバーさん。昨年までのラウンドではほとんど握らずスプーンで
ティーショットを打っていたけど、やっぱり買ったからには使わないと、という貧乏人の根性が
働きます。

デジカメで動画撮影してフォームチェック。





よく分からん・・・・(- -;)

写真では右にボールが出ているのがよく分かります。そしてその後ドローしてセンターの方に
戻ってくる。

おぉ、憧れのドローだよ、と喜んだのですが後が続かない。

全てにおいて悪い理由はいくらでも思いつくのだが上手く行ったときの理由って分からないものですな。

「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」という元楽天の野村監督の言葉を思いだします。

感覚のスポーツとは言え、大人がゴルフするには理屈をちゃんとしないと理解できません。


動画を見て分かったこと

オレって足が短いな・・・・・




2016年2月15日月曜日

レッスンを受けるかどうか悩む・・・

先日のラウンドでコテンパンにされて練習をコツコツ再開。

なんとか当りも戻ってきたようで次のラウンドではスコアの改善が望めそうかな!

と、自己流練習を変わらずに楽しみながらゴルフを続けよう、と昨年末くらいに誓ったのですが
「やっぱりレッスン受けようなかな~」なんて思う理由がいくつか・・・

1、カラダの使い方がおかしいんじゃないか?

調子良い時はいいんですけどね、しばらく時間を置いて練習しに行くと必ず右肩とか腰が痛く
なっちゃうんですよ。

今はまだ若い(つもり)だから暫く放っておくと痛みも引くのでいいけど、もっと白髪が似合うナイスシニアになって同じようなスイングじゃマズイだろうし。今のうちにカラダに負担が少ないスイングを習っておきたいなぁ、と。

2、やはりメンバーになるからには・・・

先日面接を受けたコースからまだ返事はない。でもメンバーになるからにはクラチャンとは言わないが、80台は目指したい!コースマネージメントなんかも勉強したいし!

3、やっぱ人に見てもらわんとね

練習場でたま~に動画を撮って自分でチェックしたりしています。でも後ろからだけだし客観的に自分のスイングって分からないしな~・・・


と、受けたい理由は上記3つが主かな。

でも受けるのがコワイ理由もあるわけで。

1、言葉の壁

ゴルフのレッスン教材をyoutubeなんかでよく見るのですが、レッスンプロって言葉の使い方次第だなっていつも思うんですよね。

「右腰を押し出すように」
「肩は飛球線方向に」
「地面を足の指で掴むように」
「クラブを上から叩きつける」

どれも「まぁ」分かるんですけど、どうも雲を掴むような言葉で私にはピンと来ないんですよね。
感覚のスポーツだけにプロの方々も表現には苦労されているのでしょうね。

2、理論

ネットで見ているだけでも色々な理論を提唱されているプロの方々がいらっしゃいます。
どれも結果を出してきた素晴らしい理論なのでしょうけど、私はあまり固執したくないんですよね。
(固執することが安定につながるのでしょうけど)

「これはやっちゃダメ!」「あの理論は間違っている!」「これだけやればいい!」とか言われたら即引いてしまいそうです。

さまざまな理論に寛大な先生っているんですかね?


色々ネットで調べてみて自分にとって良さそうな所に一回入ってみるしなさそうですね。

来月あたりからやってみっか!




2016年2月1日月曜日

アイアンが当たらなかった理由を考えてみた



私はゴルフを独学でやっています。

たぶん習った方が早いってのは十二分に理解しているつもりです。

でもいろいろ考えてやるのがまた楽しいんですよね〜。

で、先日のラウンドで当たらない理由を考えてみた。いつも自分なりに当たらなくなった時の対処方法は考えていて、それをラウンド中に全てやってもダメだった。

って事はまた新しく「当たらない理由」が出来たってことです。

早速、何も考えずにアイアンを振ってみるとラウンド中と同じような球が出る。

ダメなときにやってみるのは素振りの軌道をチェックしています。
ラウンド中はしても無駄なのでしませんけどね。

何回か素振りをしてみて気がついた。

グリップが身体から離れすぎてる・・・・

でグリップが股間をかすめるように打ってみると打球が戻った!

年明けほとんど練習にいっていなかったのと、ドライバーの練習ばかりしていたので巻買うがおかしくなっていたんですね。

私の修正方法が正しいかは分かりませんが、自己流なのでこんな感じで直してます。


次のラウンドは月末あたりの予定。じっくり直していきたいと思います・・・・