2016年7月26日火曜日

ラウンド@ホームコース



7月に入って色々とバタバタしてしまって今月初ラウンドをホームコースで。

睡蓮の花もだいぶ咲いてきていて夏を感じます。




今回は友人と仲のよい職場の人間を連れて西→東コースをラウンド。私、西コース初です。

この日は「開場記念コンペ」をやっていたようで混んでいましたがハーフ2時間チョイで回れましたし、天気も涼しくてかなり快適なラウンドでした。

この日のラウンドの目標は「無理をせず。自信のない事はしない」。調子の悪いクラブは避け、可能な限りフェアウェイに持っていけるようなクラブ選択を心がけました。

結果は以下の通り。



スコア変わらず(笑)。


でもですよ。やはり自分なりにマネージメントしてラウンドしたので非常に自分の得て不得手が明確になりました。

ドライバーはだいぶ安定してきました。左右に外しているホールもありますが、殆どがフェアウェイを少し外した程度なのでかなり良かったかな。

問題は2点。ひとつは夏のラフ。ラフに入れてしまうと全く飛びません・・・・・ ダウンブローに打てていないのが一番なんでしょうけど、やはり経験値が足りない、つまり自信の無いので迷いながら打っているのがいけないのかな・・・・

ふたつめはショートアイアンの精度の悪さ。せっかくマネージメントしてグリーンのそばにレイアップしているのに寄せが下手では何の意味もなさない・・・・ ラフはともかく、練習場で寄せの練習を重点的にしないとスコアアップできなそうです。

結果、いつもと変わらないスコアだけど、自分の中では非常に問題点が明確になったラウンドだったので有意義でした!




お昼はなんかリッチな感じの冷やし中華(^^)

美味しかった~。

7月はラウンド1回のみで終わりそうだけど、8月はもう少し増やしたいなぁ~。




2016年7月22日金曜日

己を知ったゴルフを目指す




お久しぶりです!

仕事でバタバタしてた+ラウンド予定が無かったので更新していませんでした。

ようやく日曜日にホームコースに行く予定が立ったの2週間ぶりに練習に行ってきました。

今回の練習の目的は各クラブのクセというか、打ったときにどういう球筋になるかの確認。

8番くらいまでは引っ掛け傾向でソレより上はスライス傾向って事が何となく分かりました。

実は最近、日本アマチュアゴルフ選手権競技を6度制した伝説のアマチュアゴルファー
中部銀次郎さんの本を読んでいまして、「確実性」のゴルフという事を知りました。


こんなケースありますよね?「残り170ヤード、5番アイアンなら届く!」と思って打ったら変にフックしたりスライスしたりしてOB。冷静に考えてみると私にとってこのケースの成功率はたぶん10%~20%程度。中部さんはこういうケースは「無謀」と言い、それならば確実なクラブで打ちやすい場所に落としてアプローチをした方がパーやボギーを拾えるだろうと。


スコアは技術ではなく、己を知り、再現率の高い攻め方をするべき、というような事を書いていらっしゃいました。


確かに、ゴルフ場に行くとテンション上がるし感情に左右されてゴルフしているなと思い知らされます・・・


明後日は心静かに己と向き合いプレーしてきたいと思います!たとえスコアが悪くても全てのショットに理由がつけられるようなゴルフをしたいですね。


ちなみに読んだ本はこれ↓




日本アマを6度制した方の考え方を知れる良書でした。もし機会があれば一度読んでみると面白いかもしれませんね(^^) 漫画にもなっているのでチェックしてみてください。