2016年10月31日月曜日

三菱電機レディース観戦



チケットが手に入ったので友人誘って三菱電機レディス最終日を観戦しに行ってきました。



8時15分ティーオフとあったので7時に飯能駅で待ち合わせて無料シャトルバスに乗り10分程度で開催される武蔵丘ゴルフコースに到着。

この日は寒くて到着した頃は10度くらいしかなかったと思われます・・・・ 厚着していった積もりだったけど、時より吹く北風が寒いのなんの・・・・

バスを降りて坂を上がっていくと練習場。テレサ・ルー選手や原江里菜選手などの練習を拝見。個人的には葭葉ルミ選手の左右に体重移動をさせながらゆったり振るスウィングに見入ってしまいました。無いモノねだりだけど、ああいうスイングが体に負担をかけずに長くゴルフを続けられるヒントかな、なんて思ってました。



練習場の後はinスタートのティーショットを見に10番ホールへ。

練習場でも思いましたが、各選手ともテレビで見るよりも小さく感じます。そして全く力が入っているように見えない。もちろん背が高い渡邉彩香選手は豪快に飛ばしていましたが、背が小さい選手でも皆さん飛びますね。真横で見たり真後ろから見たりして勉強になりました。

一番印象に残っていたのは優勝した申ジエ選手のドライバーショット。全く曲がりません(笑)。
やはり世界でトップになった選手の球は違いますね。

ショートホールで見たアンソンジュ選手のバーディパットも鳥肌モノでした。醸し出す雰囲気も違うし、パットの音も素晴らしかった。

日本人選手も比嘉真美子選手が久しぶりに上位に顔をだして3位!シードを確実にしそうで優勝できそうな雰囲気になってきていました。

来年もまたここで開催されるなら是非見に来ないとですね。

さ、良いイメージが残っているうちに練習しなきゃな!




2016年10月26日水曜日

ラウンド@高麗川カントリークラブ



秋晴れの気持ちよい日にゴルフ!いいですねー!サイコーですねー!接待じゃなければ・・・

とはいえ、別にそこまで気を遣う必要がある方達ではないので存分に楽しんでまいりました。

高麗川カントリークラブは安田幸吉氏。元々がプロゴルファーで初代日本プロゴルフ協会会長。名門コースを含む50近いコースを設計。高麗川カントリーは比較的起伏があるフェアウェイなので正確なショットを要求されます。




グリーンはベントの2グリーン。この日は10ftって事で早そう。練習場いったら結構な早さでビックリしたけど、ラウンドに入ったらそこまで早くなかった印象。




写真は最終ホール。ここはミドルが長めでセカンドショットは大きいクラブを持たざるを得ません。

ドライバーはそんなに悪くなかったのですが、いかんせんアイアンがボロボロ・・・ どうやったらいいか分からなくなっちゃいました。練習しなきゃいかん!




で、結果。寄せとパットは悪くないんですけどねぇー。セカンドショットが上手く行かないのがスコアの乱れを起こしてますね。

次は11月3日にラウンドなので、それまでに少し練習しましょうかね。